探偵事務所のタイプを知る

探偵事務所には大きく分けて全国規模で対応しているところと地域密着型で対応しているところの二つに分けられますが、一昔前だと地域密着型が一般的で今のようにインターネットが普及してなかったことに加えて、秘匿性の大きな職業だったこともあって探偵事務所を探すのに随分と苦労をしていました。
しかし、インターネットが普及して探偵業もビジネスモデル化されたことによって、さまざまな形態の事務所が設立されるようになり、消費者はそれぞれの探偵事務所を比較して自分の希望する条件に沿って柔軟に選ぶことができるようになりました。
全国規模でサービスを展開しているところのメリットとしては、スタッフ育成に力を入れているところが多くスタッフの基本スペックが高いという特徴があり、調査のレベルにばらつきが無いというメリットがあります。
ただし、教育にコストがかかっているため調査の費用は相対的に高いという特徴があり、少しでも安価な金額で依頼したいと考えている場合や依頼する調査の内容によってはあまりメリットがないこともあります。
一方で、地域密着型になってくると古くから事業をしているところが多いこともあって、細かい情報網を持っているところが多いため、身近なところで起こった問題や調査などはスムーズに解決する期待があります。
ただし、スタッフに対しての教育は十分でないことも多く、新人スタッフが多いところだと調査が難航してしまうようなこともあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ