自社の従業員に対する調査

経営者にとって自分の会社で働く従業員は会社の運営にとって必要不可欠であり、常に感謝の気持ちを持って従業員に接しているという経営者も多くいると思います。
しかし、日頃から可愛がっている従業員がライバル社のスパイだったという話しはよくある話しで、まさに飼い犬に手を噛まれると言った状況になることもあります。
場合によっては会社の存続を揺るがす大きな問題に発展することもあるので、本来なら信頼したい従業員に対いて疑惑の目を向けて、信頼できる従業員かどうかということを調べる必要が出てくることもあるかと思います。
その際に昔は興信所に依頼して調査をしてもらうのが一般的でしたが、近頃は探偵事務所でも調査の依頼ができるようになっています。
そのような背景もあって従業員の素行調査を探偵事務所に依頼するケースも増えていますが、興信所でも探偵事務所でも調査の方法はさほど変わらないため、どちらを選んでも問題はありません。
また、従業員の素行調査として他には営業中の従業員が仕事をサボってないかというのを調べるというケースも多く、接客業だときちんとした態度で接客ができているなどさまざまなタイプの調査があります。
いずれにしても従業員を調査するということは少なくとも疑いの目をかけているというわけなので、調査をして何も出てこなかったので良かったというだけでなく、従業員を疑って調査をしたことに対する背徳な気持ちは必要かと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ