行方不明者の調査

探偵事務所に依頼する調査内容の中で多くあるのが行方不明者を探してほしいという調査で、行方不明者と言っても全国的に大体と行方不明者リストに挙がっているようなケースもあれば、借金から逃げて蒸発をした人、行方不明という表現は正しくありませんが、昔お世話になった人を探したいなどさまざまなケースがあります。
行方不明者を調査するケースとして大きく分けて二パターンがありますが、調査の対象者が意図的に逃げている場合と逃げてないというパターンでは、調査の進捗具合も大きく変わってくることがあります。
一般的に調査の対象者が故意的に逃げてないという場合の案件に関してはスムーズに見つかることも多いため、依頼する探偵事務所の調査時間も少なく調査費用もそれだけ少なくなります。
一方で、調査対象者が逃げているような状態にある場合は探偵事務所が行なう調査もそれだけ難航することが想定されるため、時間がかかりそれだけ費用が高くなってしまうことが考えられます。
また、いずれの場合も事前にどれだけの情報を提供できるかによって調査の状態も変わることになり、対象となる人の名前や住所が分かっていれば、それなりに調査も順調に進むことが多いのですが、名前が分からないような人を調査する場合は調査が非常に難航することが予想されます。
もちろんケースバイケースな部分も大きいのですが、費用が気になる場合は必ず見積もりを受けて納得してから依頼するようにすることが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ